輸入住宅

輸入住宅とは、日本の建築基準に合格した住宅です。
外観デザインから内部のプランニングまで、輸入先国の住文化や設計思想を反映したものが多く、構造材はもちろん建具・造作から設備にいたるまで、かなりの部分が輸入部材で占められています。
規格化した木材で枠組を作る2×4工法(ツーバイフォー工法)もその1つです。
断熱性や気密性、防音性、耐火性などに優れ、独特の外観や内装、設備が特徴であります。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ