取引形態

取引形態とは、不動産の取引における宅建業者の関与の仕方のことをいいます。関与の仕方によって、売主・貸主・代理・媒介(仲介)があります。
宅建業者は、不動産取引に関する広告をするときは、この取引態様を明示する必要があります。
また、その取引を注文しようとする顧客に対して、取引態様を明らかにしなければなりません。
これは、取引態様によって、宅建業者の権限や行為の効果が違ってくること、また、報酬額にも違いが出てくることから、注文者の利害にもかかわる重要事項だからであります。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ