土地活用アパート経営

土地活用アパート経営とは、土地に建物を建てて貸す方法の中で最も一般的なのが「アパート・賃貸マンション経営」です。「アパート・賃貸マンション経営」には、たくさんのメリットがあります。

① 現金収入が得られる。「アパート・賃貸マンション経営」は、入居者様に住居を提供する対価として、毎月家賃収入を得ることができます。
② 固定資産税と都市計画税が少なくなる アパートや賃貸マンションを建てると、この固定資産税と都市計画税を少なくする(節税する)ことができます。
③ 相続税が少なくなる。相続者がアパートや賃貸マンション経営を行なうと、その土地は「貸家建付地の評価減」を受け、建物は「建物の評価減」を受けることができるため、相続税を少なくする(節税する)ことができます。

青色申告でさらに節税が可能アパートや賃貸マンションが5棟以上もしくは10室以上ある場合は、確定申告をするときに「青色申告」を選択すると、家族従業員を青色専従者として給与を支払うことができ、その支払う給与は必要経費とすることができます。
また、不動産所得の赤字は3年間繰り延べすることができるため、所得税を少なくすることができます。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ