定期借地権付き住宅

定期借地権付き住宅とは、平成4年に施行された新借地権付きの住宅のことです。
そしてマイホームの分譲で主に利用されるのが一般定期借地権付きの住宅です。
土地を地主から50年以上の契約(一般には50年間)で借り、そこに建物を建てる。
契約時に保証金または権利金を払い、契約期間中は地代を払います。
契約期間が終われば、建物を取り壊し、更地にして地主に返還するか、建物部分の買い戻しを請求しない契約をした住宅です。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ