定期借地権方式

定期借地権方式とは、土地の所有者が、一定期間の間、個人や企業に貸す方式です。
一般的には、「土地を貸したら半永久的に返ってこない」とさえ言われています。
そのため、土地を「貸す」形での土地活用には地主側も抵抗がありましたが、この法律制定により、安心して土地を貸せるようになりました。

定期借地権方式の特徴として、
①50年後には、必ず土地が戻ってくる。
②借主の事情により、期間延長がされることもありません。
③立退き料を支払ったり、建物を買い取ったりする必要はありません。
④契約の更新もありません。

50年以上の契約期間の「一般定期借地権」、30年以上の「建物譲渡特約付き借地権」、10年以上50年以下の「事業用借地権」などがあります。
通常の借地権と異なり、当初定められた契約期間で借地関係が終了し、その後は更新できないとされています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ