賃借権とは、賃貸借契約で認められた賃借物を使用する権利です。
借主は契約の範囲で目的物を使用し収益できる一方、貸主に賃料を支払わなければなりません。民法上、債権とされています。

賃借権は債権であるので、
①登記しなければ第三者に対抗できない。
②賃貸人の承諾なしに賃借権の譲渡・転貸ができない。
など、物権に比べて法的な効力は弱いです。また、貸し主に無断で又貸しは出来ないとされています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ