宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者とは、宅地建物取引主任者資格試験に合格し、都道府県知事の登録を受けて、宅地建物取引主任者証の交付を受けた者のことです。
契約の際には、重要事項の説明や物件説明書の交付をしなければならなりません。
宅地建物取引業者は、事務所ごとに従事者5名に対して1名以上の割合で、専任の宅地建物取引主任者を置かなければならないと決められています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ