代理とは、不動産の売買・賃借を不動産業者に依頼するときに結ぶ契約の一つ。代理権を与えられた宅建業者のことを代理人といいます。
代理人は、依頼の趣旨に従って、相当の注意を払って取引に当たらなければなりません。
また、取引の相手方を自分自身として取引することはできませんし、取引の相手方の代理人となることもできません。
代理人が、与えられた権限を越えて取引をしても、原則として無効となってしまいます。
そのため、代理人に対しては、委任状を見て権限の範囲をよく確認する必要があります。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ