宅地建物取引業

宅地建物取引業とは、国土交通大臣または都道府県知事から宅地建物取引業を営むのに必要な免許の交付を受けて不動産の売買、交換、賃借を代理や仲介などを業としている会社や店のことです。
国や地方公共団体は、免許の交付なしに宅地建物取引業を営むことができます。
また、信託銀行および信託会社は、国土交通大臣に届け出をすれば、宅地建物取引業を営むことができます。
免許元に対して、登録と保証金を供託し、保証協会に加盟しなければならないとされています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ