土地有効活用

土地有効活用とは、有効活用をしていない土地でも固定資産税等の税金がかかるために、空地や休耕農地などの遊休地を有効に活用して固定資産税などの土地所有にかかる経費などを生み出すことを言います。
土地の有効活用を図るためには、まずなんといっても土地の条件や特性を見極める診断が必要です。
一般的に土地活用といった場合には、アパートやマンションなど賃貸による収益確保がスタンダードです。
更地や遊休地に居住系の賃貸建物を建てることにより固定資産税などが軽減されます。
「私的年金、保険代わり」として、土地活用は見直されてきています。安定的、長期的な収入の原資を得ることにより、老後も不自由しない生活ができるようになります。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ