投資用不動産

投資用不動産とは、不動産投資を目的として用意された土地や建物などの不動産です。
投資用不動産の価値は、不動産が土地の場合はその場所の需要、地盤、地価、広さなど、不動産が建物の場合はその建物価格、築年数、間取り、設備などによって評価されます。
投資用不動産のメリットはインフレによっても目減りせず、相続税の対策や確定申告すれば節税対策にもなります。
不動産は景気の変動などによりその価値が変動するが、物理的に目減りがしないため、株式投資などと比べるとリスクの低い投資対象です。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ