耐用年数

耐用年数とは、一般的に建物等が使用に耐えなくなるまでの効用持続年数または利用可能年数のことをいいます。
耐用年数は、減価償却計算という費用配分を決定する重要な要素であり、その決定が期間損益の算定に影響を与えます。
アパートなどの減価償却費を計算する場合に、その建物の耐用年数が必要になりますが、アパートの構造により耐用年数が税法によって定められています。
例えば、木造であれば22年になります。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ