小規模住宅用地

小規模住宅用地とは、住宅一戸につき200平方メートル以下の場合のことをいいます。

①住宅用地で200平方メートル以下の部分(小規模宅地)の課税標準は6分の1とする。
②住宅用地で200平方メートルを超える部分の課税標準は3分の1とする。

つまり、住宅が建っている土地は一戸につき200平方メートル以下なら課税対象額が6分の1に、200平方メートルを超える部分は3分の1になるというわけです。
そして、この200平方メートルとは“一戸につき”ですから、アパートを建てた場合には、その戸数次第でどんな広い土地でも全体の課税標準を6分の1とすることが可能になります。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ