私道負担

不動産取引において、売買等の対象となる土地の一部に私道の敷地が含まれている場合に、この私道敷地部分を「私道負担」といいます。
この私道には建築基準法上の道路となる私道以外にも、通行地役権の目的となっているようなものも含みます。
また、私道について所有権や共有持分を持たずに、利用するための負担金を支払うことになっている場合や将来生じることになっている私道負担も私道に関する負担に含まれています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ