セットバック

セットバックとは、道路幅確保や、斜線制限(日照などの規制)で建築物の外壁を、敷地境界線から後退して建てることです。
または、建物の上部を下部よりも後退させること。
つまり、道路はその幅が4m未満であり、そのままでは防火等の面で十分な道の幅を確保することができないので、道路を含めて4mの範囲内には、建築物や塀などを造ることを禁止し、4mの空間を確保しようという趣旨です。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ