住宅性能保証制度

安全性、居住性、耐久性などを一定水準以上に保つため、昭和57年に財団法人性能保証住宅登録機構(現 財団法人住宅保証機構)を設立。
建設会社は登録制で、機構が現場検査を行い、設計施工基準に従って新築した住宅で上記機構の基準及び現場審査に合格した登録住宅は、保証書が発行され、引渡し日以降最長10年間の保証と保険制度が適用される。
不都合が生じた場合は無料で修補が行われ、保証内容に関する登録業者との意見の相違に対しては第3者の専門家による保証事故審査会の審査を受けることができます。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ