事業専従者控除

アパートを経営するに当たり、アパートなら10室以上、貸家なら5棟以上あれば、事業的規模の不動産所得としてみなされ、所得税がかかってきます。
生計を一にする配偶者及びその他の15歳以上の親族が、その事業に従事する場合、配偶者であれば86万円、その他の親族であれば50万円、もしくは事業専従者控除前の金額を事業専従者の数に1名加えた数で除した金額のいずれか低い方の金額が必要経費として認められています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ