相続税とは、死亡した人の財産を相続したときや遺言によって財産を取得したときに納める税金のことです。
相続税の課税最低限である基礎控除額は[5000万円+1000万円×法定相続人数]。
亡くなった人の配偶者が相続、遺贈、死因贈与などで財産をもらった場合、その後の生活を保障するため相続税が軽減される。
相続人の借入金の額は相続財産から差し引きます。
土地、株式など相続財産はそれぞれ一定のルールで見積もり、課税価格を求めます。

相続税法は、配偶者の取得額が1億6000万円以下か、取得財産が民法の定める法定相続分以下であれば相続税をかけないこととしている。遺産の分割は、遺言で分割の基準や方法が定められていればこれによる。
遺言がなければ個々の財産について、どの相続人がどれだけの権利を持つかが決まっていないため、相続者間の遺産分割の協議により遺産分けができます。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ