収益還元法

収益還元法とは、収益還元法とは、不動産の運用によって得られると期待される収益、賃料を基に不動産価値を評価する方法です。
収益不動産の価値を評価する際、将来得る事ができる収益を、現在の価値に換算して評価する方法です。

例えば、不動産を賃貸して運用する場合なら、同じ間取りでも高い家賃収益を上げられる不動産は価値が高くなり、逆にあまり収益を上げられない不動産は価値が低くなります。
一般的住宅では5~7%、事業用は8~10%が目安です。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ