敷金とは、主として建物の賃貸人が、賃料その他賃貸借契約上の債務を担保するため賃借人に交付する金銭をいいます。
入居者が退室する時、壁紙や床など入居中に破損させてしまった、部屋の設備を修理する為の修繕費のことで、新規に賃貸借契約を結ぶ際に前もって貸主に預けられるシステムになっています。

その為、修繕費金額を控除した残額が、借り主に対して退去後に返還されます。
なお、敷金なしの賃貸物件も存在しますが、設備を破損させていた場合、退室時に請求されるので、一概に敷金なしの物件が安いとは言えず、高くつくときもあります。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ