路線価とは、国税局から毎年8月頃に発表され、相続や贈与が行われた際、宅地の相続税贈与税評価額の算定基礎となるもので、道路に面した宅地1平方メートル当たりの価額を定めたものです。
売買の実例とかみしきしゃ専門家の意見を参考にして、地価公示価格の約8割を目安として定められています。
この路線価を基礎として、立地条件がよい角地は側方路線影響加算率を乗ずることで評価額を高く、間口が狭ければ間口狭小補正率を乗じて評価を低くする、などの調整がなされる。
市街地のほとんどには、路線価がつけられていますが、それ以外の地域では、固定資産税評価倍率方式がとられています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ