LTV(Loan To Value)

LTVとは、Loan To Valueの略で、不動産に対する投資にかかった費用のうち負債が占めている割合のことを言います。
物件の価値に対する借入金に代表される負債の割合を表す数値で、通常は負債額を物件価格で割って算出します。
例えば1000万円の価値のある不動産のうち、800万円が借入金の場合、LTVは800÷1000=80%となります。
なお、LTVは、不動産投資信託だけでなく、SPCを利用した不動産証券化商品などを含む不動産投資において重要視されている投資尺度の一つです。
この数値が低いほど、取得金額全体に占める負債の割合が小さいため、安全性が高いといえます。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ