LDKとは、「Living・Dining・Kitchen」(リビング・ダイニング・キッチン)、リビング(居間)、ダイニング(食堂)、キッチン(台所)が一室となった空間のことです。
DKとの明確な区別はなく、同程度の広さでDKと表示することも、LDKと表示することもあります。
一般的には、8~9畳までをDK、10畳以上をLDKと表示することが多いようです。
不動産広告を規制している「不動産の表示に関する公正競争規約(表示規約)」では、広告中に「LDK」と表示する場合には、住宅の居室(寝室)数に応じ、その用途に従って使用するために必要な広さ、形状及び機能を有するものが必要であるとしています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ