利回りとは、投資した金額に対して得られる利益が何%あるかをあらわしたものです。
利回りが低いから儲からないかというと、そんなことはありません。
いい立地、いい建物などは、どうしても利回りが低くなりがちです。
しかし、立地が良いということは、入居者が決まりやすく、大家の努力なしに満室経営が出来ます。

また資産性が高いために、融資が多く受けられるというメリットがあります。
アパート経営において一般的によく使用されるのは表面利回りです。
表面利回りは、年間の家賃収入を物件価格で割ったものです。
購入経費やアパート経営に必要な諸経費を考慮に入れていませんが、目安として分かりやすいでしょう。
また、予想利回り、想定利回り、単純利回りとも言います。
実質利回りは、年間の家賃収入から固定資産税、火災保険料、賃貸管理費、建物管理費、修繕費用などを引いた実質的な家賃収入を、購入時にかかった諸費用を加えたの取得費総額で割ったもとされています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ