年金とは、大きく分けて公的年金、企業年金、私的年金の事を言います。
また、最近では加入した期間や給付水準に基づいてあらかじめ給付額が定められている確定給付型年金ではなく、拠出した掛金額とその運用収益との合計額を基に給付額が決定される確定拠出型年金が普及しつつあります。
受給金額の引き下げにより、1955年生まれ以降の方は生涯純受益(社会保障-負担額)がマイナスになるとの試算がされており、今後は需給年齢の引き上げも決定していることから、老後の資金対策を考える必要があるといわれています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ