法地(のりち)

実際に宅地として利用できない、切土や盛土の傾斜面の土地で、これは、自然の地形によるもののほか、傾斜地の造成にあたって、土崩れを防ぐためにあえて造られる場合があります。
土地面積の一定割合を超える場合は、広告等では、法地面積を表示しなければならないとされています。
また「法面」ともいいます。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ