瑕疵担保責任についての特約の制限

瑕疵担保責任についての特約の制限とは、宅建業者が自ら売主となる宅地、または建物の売買契約においては、瑕疵担保責任についてこれを負う期間をその目的物の引渡しの日から2年以上とする場合を除き、民法に規定するものより買主に不利となる特約をしてはならないとされています。
買主に不利な特約とは、瑕疵担保責任を負わないとするもの、これを負う期間を買主が知ったときより1年未満の期間とすることのほか、契約解除も損害賠償も認めず補修のみを行うとするもの、瑕疵の個所によっては責任を負わないとするもの等があげられます。
宅建業法は、このような買主に不利な特約を制限するとともに、これに反した特約は無効とされています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ