海外不動産投資

海外不動産投資とは、日本以外の国で不動産に投資することをいいます。
国内の不動産投資だけに偏らず、海外不動産投資も並行して行うことにより、経済や自然災害などのリスクの分散を図ることが可能です。
海外不動産投資のメリットは、日本のようにすでに上がりきってしまったエリアと違いまだまだ手の届きやすい価格帯の不動産も多くあります。それにより資産の分散を狙えるのでリスクヘッジすることも可能になります。大きな売却益が期待できる。

デメリットは、
①元本割れする。②変動リスクと為替リスクがある。③海外の市場に精通している必要がある。
安い不動産を買い、価格上昇を狙えば大きな売却益を得ることができる。しかしそんな良い物件を見極めること自体が素人には難しいとされています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ