元金均等返済

元金均等返済とは、住宅ローンなど高額な借り入れの返済をする時の方法で、毎回の返済額が、支払い開始から支払い終了まで、元金部分を均等割りにし、それに、元金残高により計算された利息を組み合わせたものになります。
最初は利息部分が多いので、支払金額が大きく、元金の減少にしたがって、利息部分が減少して、支払金額が減っていきます。
最初のうちは支払額が大きいが、元金が均等に減るため、「元利均等返済」に比べると利息総額が少なくなります。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ