不動産投資ローン

不動産投資ローンとは、預金連動型不動産投資ローンと言います。
不動産投資ローンは銀行借り入れの中でも審査基準が厳しいローンの一つと言われています。
サラリーマンを融資対象としたアパートローンや競売不動産を購入するための競売ローンなども不動産投資ローンのひとつです。
それぞれの特徴を知った上でアプローチすることが大切です。

上記とは少し違った借り入れ先として、土地を取得して賃貸住宅を建てる場合は、住宅ローンの「フラット35」を扱っている住宅金融支援機構の融資があります。
高齢者向け、省エネ住宅向けなど、一定の条件に合う設計なら、事業費の100%まで長期固定金利の融資が受けられます。
また、短期転売ではなく長期の賃貸事業であること・融資額・個人属性等様々な制約はありますが、無担保で融資してくれる公的機関もあります。
融資総額は最高4,000万円までと少なく、返済期間も短いのですが、区分所有物件・アパート等小さめの物件を購入する場合や、他の融資の不足分を補うなど組み合わせて利用する場合などに活用できます。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ