不動産収益物件

不動産収益物件とは、毎月一定の賃金収入のある不動産、つまり一棟売りのアパートや賃貸マンション、テナントビル等のことをいったり、投資した不動産の家賃収入から収益を得る目的で購入する物件を指します。
収益物件の種類には、マンションやアパート、一戸建て住宅、事務所、倉庫、工場などがあります。

また、マンション一室(1部屋)を区分所有して収益を得る方法や、新築か中古かによっても違ってきます。
そうした中、高利回りの収益物件が今、注目されています。
収益物件の運営は長い目で見ても安定した家賃収入を得る為の資金運用なのです。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ