袋地(ふくろじ)

袋地とは、他の土地に囲まれて公道に通じていない土地を「袋地」といいます。
また、池や沼、河川、水路、海などを通らなければ公道に通じないか、崖があって土地と公道とに著しい高低差がある土地を「準袋地」といいます。
このような土地の所有者は、公道に出るために他人の土地を通行する権利があります。
また、この土地の所有者、または賃借人は、公路に出るための囲繞地通行権を認められています。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ