複合型土地活用方式

複合型土地活用方式とは、さまざまな土地活用方式を組み合わせて、固定資産や相続税、所得税などの税金対策や、長期的な安定収入を得るための対策をする方式です。
賃貸住宅経営や定期借地権事業を組み合わせることで、リスクを小さくしながら、安定した家賃収入・地代が得られます。
必要に応じて土地の一部を売却することで、事業に必要な資金も確保。また、環境創造の視点からのトータルな開発が、土地の資産価値を高められます。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ