変動金利

変動金利とは、文字通り、変動する金利のことであり、金利情勢によって定期的に適用利率が変動するものをいいます。
金利水準については、その時々のマーケット動向を反映して決定される。
月々の返済額は借入時から5年間は変動しませんが、年に2回の金利見直しがあり金利に変動があれば、支払額の元本割合と金利割合が変わることで調整されます。
これらは金利上昇トレンドにおいて、金利上昇のメリットを享受することができます。
また、ローン商品については、低金利時に変動金利タイプを選択すると、低金利のメリットを享受することができるが、その一方で将来の金利上昇リスクを常に抱えることになります。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ