不動産取得税

不動産取得税とは、住宅、アパート、マンションなどの不動産物件や土地などを取得した場合にかかる税金のことを言います。
土地や家屋を、有償・無償の別、登記の有無にかかわらず、売買、贈与、交換、建築(新築・増築・改築)などによって不動産を取得した人に、「その不動産の所在する都道府県」が課す税金です。
市町村が毎年課税する固定資産税と違って、不動産を取得した時に一度だけ納めます。
いわゆる流通税の一種であり、不動産の移転という事実に着目して課されるものです。
したがって、1日でも所有権を取得した場合でも課税の対象となるほか、所有権の移転を伴う契約が合意により解除された場合においても、移転の事実がある限り課税がなされます。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ