2.土地探しをサポート

人気エリアとアパート経営最適エリアは違います

土地探し
名古屋市民が住んでみたいエリアといえば東区や西区の高級エリア。
名古屋の田園調布とも白金とも称される人気エリアですが、アパート経営には不向きです。

土地が高過ぎるため、超豪華なアパートでなければ、投資に見合う収益を得ることはできません。
でも、超豪華なアパートを建てるなら、もっとほかの不動産にしますよね。

フィリックスが選ぶ、名古屋市内の有望エリアは次の地域です。
名古屋市の全体マップ
人気は中村区(名古屋駅西口)

名古屋駅西口の周辺に位置する中村区は、アパート経営的観点から見て最上のエリアです。

交通・買物ともに至便な上に愛知大学、同朋大学、名古屋音楽大学、日本赤十字愛知短期大学などの大学、HAL名古屋、名古屋モード学園など専門学校も多数あり、将来的に見ても、安定したアパート需要が見込めます。

駅から徒歩10分圏内であれば、空室の心配はまずありません。


中区・北区もねらい目

名古屋市の中核に位置する中区は、繁華街で知られる栄区の隣。栄三丁目周辺には3つのデパートなど商業施設が集中し、その南には電気街として有名な大須があります。

また、名古屋城三の丸には、国の出先機関、愛知県庁、名古屋市役所などの行政機関が集中しており、暮らしやすさは抜群。あいちビジネス専門学校、専門学校名古屋デザイナー学院など専門学校もあり、「この街に住みたい」と思う若者が多いエリアです。


北区は、JR中央線、地下鉄名城線、名鉄瀬戸線や名鉄小牧線などの鉄道、名古屋高速1号楠線、国道19号、41号などの幹線道路が南北に走る交通至便のエリアです。

かつては多くの工場がありましたが、現在は撤退し、その跡地に大規模な公営住宅やマンションが多く見られます。

居住人口が多く、活気がある上に、土地価格は比較的リーズナブルなため、手頃な家賃に抑えられるのが魅力。
アパート経営にはうってつけのエリアです。

名古屋での土地探しならフィリックスです

アパート経営に適した立地は、単なる「住みたい街ランキング」ではわかりません。交通アクセス、土地の値段、周辺環境など考慮すべき条件は多々あります。

フィリックスは名古屋に強い、地元密着企業ならではの能力を活かし、安定性の高い物件をご提供することが出来ます。


お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ