9.防犯のプロとコラボレーション

セキュリティハウス

アパート経営においては、女性へのアプローチが成否を分けると言われています。
男女の人口比は半々ですが、住居の決定権の85%は女性が握っているというデータがあるからです。
女性が一人で済む場合はもとより、ファミリーであれば奥様、独身男性であれば母親または彼女の意見が決定に大きく関与すると言うのです。


さて、女性が一人暮らしをすると考えた場合、1番気になるのはセキュリティです。


ミズケンは、日本で最大・最強の「防犯・防災・防御システム専門企業」ネットワークであるセキュリティハウスと提携し、そのノウハウを活かしたアパートづくりを行っています。



通常、防犯といえばオートロック・モニター付きドアホン・防犯カメラ・カード式ロックなどのセキュリティ設備。
あるいは警備会社によるホームセキュリティサービスをお考えになるでしょう。

もちろんそれらも有効な手段ではありますが、
重要なのは、それらが仕組みとしてしっかりと機能できるソフト(技術)です。



セキュリティハウスの「セキュリティ」は、侵入者の目線で考え、最高の防犯効果を導き出すこと。


ミズケンは、セキュリティハウスより
「どこに、どのような防犯機器を、どのように設置すれば防犯能力がアップするか」
「建物はどのような構造にすれば、侵入者を防ぐことができるか」

などのアドバイスをもらい、泥棒等の侵入犯が避けて通るアパートづくりに取り組んでおります。



お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ