公務員オーナー

こんな方がオーナーになっています
  • 公務員オーナー
  • サラリーマンオーナー
  • 20代・30代オーナー
  • 女性オーナー
公務員オーナー様

「社会的信用が高い公務員はアパート経営に最適」のアドバイスで決断

千葉県にお住まいの誠さん(仮名)は40代の公務員。

15年前に35年ローンで購入したマイホームで、奥様との二人暮らしです。

長女は結婚して家を離れ、長男は現在、東北の国立大学に通っています。

先行き不透明な時代、公務員は身分が安定しているとはいえ、ゆとりある老後のためには将来を見据えた資産づくりが必要と思案していました。

「家のローンを完済するにはあと20年かかります。長男が卒業した後も、子ども2人分の教育ローンの返済は続きます。就職状況は好転してきましたが、安定した職業に就けるかどうかはまだまだ不安なので、できるだけ頼りになる親でありたいと思っています。長女が家を買う際には、援助もしてあげないといけません。そんな状況なので、老後の資金を貯めようにも、なかなか思うようにいかなくて、困っていました」

誠さんは、口コミでミズケンを知り、ご連絡をくださいました。



誠さん:住宅ローンと教育ローン、2つのローンを抱えています。こんな私でもアパート経営はできるでしょうか?


ミズケン:
もちろんできます。公務員の方は社会的信用が高いので、銀行からの融資が受けやすいのです。
20代や30代前半の若い方でも、将来的に安定した収入が見込めますし、50代でも、退職金で早期完済が見込める場合は銀行に融資してもらえます。
まして40代なら、全然問題ありません。
ライフプランにぜひ、アパート経営を組み入れてください



誠さんはさっそく、ミズケンでご用意した名古屋市内の優良収益物件をご購入。

管理はグループ会社のホームメイトに任せ、本業にはまったく支障がない形で、アパート経営をされています。

「ミズケンさんにご協力いただいたおかげで、金融機関との交渉もすんなりと進み、アパートオーナーになれました。管理業務やメンテナンス業務まで、すべて代行していただいているので、オーナーであることを実感するのは、銀行に振り込まれた家賃収入を確認するときだけ。こんなに楽に、安定した収入を得ることができるとは驚きです。

この前の正月は、娘夫婦に孫も一緒に、ハワイ旅行へ行きました。
長男にも、就職したらすぐ始めた方がいいぞと、勧めています」



お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ