オーナー様に「万一」があっても憂いなし

「アパート経営はしてみたい。でも自分に万一のことがあったら払いきれないから、ローンは組みたくない」という方もいらっしゃるでしょう。


ですが、その心配はご無用です。


なぜなら、アパート購入のためのローンには、銀行の指定する「団体信用生命保険」が組み込まれているからです。
団体信用生命保険の審査が通り、ローンを組んで、アパートを購入できればもう安心。



将来オーナー様に万一のことが起きたとしても、ローンの残額は生命保険によって完済され、ご家族には無借金のアパートと毎月の家賃収入を残せます。


つまり、わざわざ何万円もかけて個人的に生命保険に加入しなくても、アパート経営そのものが生命保険の代わりになるというわけです。

団体信用生命保険

コラム

多額の借金を残して亡くなった男性のケース


5年前、銀行から5000万円の融資を受けてアパート経営を始めた東京都在住の男性が、ローンをほとんど残したまま亡くなりました。調べてみると、ほかにも遺族が知らない借金が2000万円あることが判明。

「借金返済を免れるためには、相続放棄しかない?」遺族は途方に暮れました。


お金
借りた人が亡くなっても、借金は消滅しません。借金も原則として、ほかの遺産と同じように民法の規定に沿った比率(法定相続割合)で遺族が相続し、負担することになります。

不動産や預金などの遺産よりも借金という「負の遺産」が多いときは、相続人は自分の財産の中から借金を返さなくてはなりません。

この男性のように多額の借金を残してしまった場合、遺族の負担は重く、生活が破たんしてしまう恐れもあります。

民法ではそんなときのために、借金も含めた遺産をすべて相続しない「相続放棄」という手続きが認められています。遺産を引き継ぐか否かは、相続の自由です。

さて、相続を放棄するかどうか決める前にぜひ、確認しておくべき事柄があります。
アパート物件の購入の際、ローン契約を結んだ方のほとんどは、「団体信用生命保険」(団信)に入っています。

この保険は、借り主に死亡や高度障害等、万一のことがあった場合に支払いが免除されるというものです。
ローン残高と同じ額を、保険会社が金融機関に払うのです。
これに加入していれば、遺族はローンの残額を相続しなくて済みます。

東京都在住の男性の場合も、この保険に入っていました。
遺族は、ローンの返済は免除された上に、月々家賃というまとまった不労所得を確保できる、安定した収入源まで相続し、一家の主亡き後も、安心して暮すことができています。


お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ