不動産投資としてのアパート経営

土地や建物などの不動産を購入し、購入した物件を第三者に売却または賃貸する事によって収益を得る投資手法を「不動産投資」と呼びます。

バブル経済の頃には、キャピタルゲイン(売却益)を目的とした、いわゆる「土地ころがし」が問題になりましたね。
「不動産投資は怖い」というイメージをもたれた方は多かったのではないでしょうか。

しかし今や、不動産投資の主流は、購入した不動産からのインカムゲイン(運用益)を目的とするものにシフト。
なかでも注目されているのが、アパート経営なのです。

なぜだと思いますか?
3つの理由があります。

理由1
「現物投資」
アパート経営のように、アパートやマンションなどを購入し、他人に賃貸または売却することによって収益を得るタイプ。

「小口化不動産投資」
不動産会社などから成る組合が、複数の投資家から出資を募って不動産物件を購入し、経営するタイプ。

「J-REIT(リート・不動産投資信託)」
不動産物件を投資証券に変えて投資することで、株式と同様の取引をするタイプ。

理由2

理由3


お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ