安定した「資産形成」が可能

ワンルームマンションなどの区分所有物件に対する投資の場合、建物の価値は老朽化とともに無くなってしまう上に、投資に占める土地の割合はきわめて小さいため、土地などはほとんど残りません。

一方、ミズケンのアパート経営への投資なら、たとえ老朽化によって建物の価値は無くなったとしても、駅近で、人気も価値も高い土地が、自分のものとして残ります。

つまり月々の家賃収入のなかから、ローンを返済していくだけで、安定した「資産形成」ができるのです。

アパートの価値 ワンルームマンションの価値

自分のものとなった土地は、売却して現金化するもよし、店舗などに貸し出して定期的な収入源にするもよし。
もちろん、アパートを立て替えて、再び家賃収入を得ることも自由です。

自分の土地

ローン完済後の土地は活用自由
ミズケンは、ローン完済後のアパートのリノベーションや、土地売却に関するご相談も承ります。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ