業者からマンション経営を進める営業電話がかかって来るのですが、その際によく「節税」というメリットをアピールされます。 気になったので知り合いの意見を聞いたところ、「固定資産税がかかり、賃貸収入から必要経費を引く事になるので、実際のところは分からない」と言っていました。 マンション経営における節税のモデルケースがあれば教えてください。

ご質問

業者からマンション経営を進める営業電話がかかって来るのですが、その際によく「節税」というメリットをアピールされます。

気になったので知り合いの意見を聞いたところ、「固定資産税がかかり、賃貸収入から必要経費を引く事になるので、実際のところは分からない」と言っていました。

マンション経営における節税のモデルケースがあれば教えてください。

お答え

ローン支払い等の必要経費が賃貸収入を上回り、月々の収支がマイナスとなる事が多いため、ワンルームマンション等の経営は節税として考えられることがあります。

それに比べてアパート経営は、節税というよりは実質の収支をプラスにする事を起点にご提案しますので、キャッシュアウトしての節税ではありませんが、事業的規模と認められると青色申告特別控除・専従者給与支払等の税制メリットを受ける事が可能になります。

さらには、相続税対策として有効であるとも一般的に言われております。
不動産に詳しい税理士事務所も弊社と提携しておりますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ