アパートの耐用年数を教えて下さい。

ご質問

アパートの耐用年数を教えて下さい。

お答え

一般的に木造建築の減価償却年数は22年ですが、それに対し弊社物件は住宅性能評価「劣化対策等級2相当」という基準で施工を行っております。

この「劣化対策等級2」とは、「通常想定される自然条件および維持管理の条件の下で2世代(おおむね50年~60年)まで、大規模な改修工事を必要とするまでの期間を延長するための対策が講じられている。」と判断される基準です。

この事からも、弊社物件は長期に渡ってお客様の資産価値を維持する事が可能となっております。

お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ