学生にこそすすめたい不動産投資

1c3c1cfabf41e1f0978f87ae16c9a75f_s
不動産投資と聞いたとき、多くの人が「敷居が高いそう」、「大量の資金がないとできない」、「危険」と思うでしょう。確かに不動産投資は敷居が高いですが、だからこそ試してみる価値があると思います。

今回のミズケンコラムでは、大学生からでも始めることのできる不動産投資のメリットと課題を考えていきます。

不動産投資で得た経験と知識が、自身の可能性の幅を広げる

不動産投資をするには、まず不動産取引に関する知識を身につけなければいけません。
物件の売買だけでしたら不動産業者に任せればいいのですが、しかし利益を出そうと思ったら利回りの良い物件を探さなければならず、そのための知識が必要になってきます。
その他に、控除を受けることのできる条件や、節税に関する知識も必要です。また、宅地建物取引士の資格試験に必要な知識も不動産取引では使われます。

不動産投資で使う知識や経験は様々な場面で役に立つので、不動産取引を行うことで自身の可能性の幅を広げることができるのではないでしょうか。

やはりある程度の資金は必要

不動産投資をするに当たり、資金の用意は大きな課題です。資金の調達方法としてローンを組むという手段もありますが、しかし収入の少ない学生には厳しいでしょう。

学生でも借りられる方法として、日本政策金融公庫に、親に保証人になってもらい、個人事業主として融資を申し込む方法があります。
日本政策金融金庫では熟年層への融資を優遇しており、利率が1%以下と、とても低くなっています。
バイトによる貯金や、卒業後の進路が決まっていて安定した収入を得る見込みがあるなどの要素があれば、より融資も受けやすくなるでしょう。

しかしフルローンで借りるのは難しいので、ある程度の頭金は必要です。
親から資金を借りたり、バイトをするなどして、まとまった資金を用意する必要があります。
ある程度の頭金ができれば、融資によりアパートやワンルームマンションを購入することができるでしょう。

物件を購入しない不動産投資、クラウドファンディング

不動産投資に興味を持っている人の中には、「物件の購入が難しい」、「物件を管理する時間がない」、「若いと信用されないのではないか」と考えている人がいるのではないでしょうか。
そのような人におすすめなのが、クラウドファンディング型の不動産投資という方法です。

このクラウドファンディングでは、商品の開発や制作に掛かる資金を多くの人に出資してもらいます。そして出資者は、出資率に応じて納品物の利益を貰うことができるのです。

不動産投資のクラウドファンディングも基本は同じで、不動産投資会社が出資者を募集し、出資者はその出資率に応じ、不動産経営で生じた利益を受け取ることができます。
また物件の運営は不動産会社が行うので、出資者には出資以外の手間は掛かりません。
このクラウドファンディングのメリットは、「資金が少なくても不動産投資ができる」ということで、物件によっては1万円から不動産投資をすることができます。

利回りは物件により様々です。また、他の投資、例えば株取引やFXなどと比べると、価格変動が少ないので、投資のハードルも少ないと言えるのではないでしょうか。
ただし、やはり元本割れが起こる危険性もあります。
しかし当初の予定通りの利益が得られなかった場合のリスクは運用会社が負い、建物を担保としているので、出資者自身のリスクは少ないように思えます。

まとめ

資金の少ない学生にとっては、不動産投資をするのは難しいことでしょう。覚えなければいけないことも沢山あります。
しかし学生が学業の合間に行う副業としては、常に価格が変動している株やFXなどと比べると、不動産は遥かに向いているのではないでしょうか。

不動産経営の経験は将来、様々な場面で役に立つと思います。学生時代の時間を生かして、
将来の可能性を広げるためにも、不動産投資に取り組んでみてはどうでしょうか。


お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ