地方ならではのアパート経営で勝つ。(中編)

6f9a4d25914fce9f9be9ca73e86019e3_s

1. ネット上の情報を鵜呑みにしない

馴染みのない都市での物件探しでは、インターネットでの検索を利用することは多いかもしれません。
しかし、それらの情報は最新のものではない可能性があります。
 良い物件情報を入手した仲介会社はいきなりインターネットに情報を掲載するでしょうか? 多くの場合は顧客に紹介したり同業者に情報提供をします。
それでも買い手が見つからない物件がインターネットに掲載されている可能性があります。
そのため、インターネット上の情報だけで物件探しを行うことは危険だと考えます。
dbb7cb486cae9c155fd3f25ce77cb41f_s

2. 仲介会社探しが重要

インターネットを活用するならば、仲介会社探しに大いに利用するのがよいでしょう。
会社のウェブサイトを確認したり、念のため口コミサイト等もチェックできると尚良いでしょう。
最終的に信頼できそうな仲介業者を数社選定できたら、直接問い合わせをしてみましょう。

3. 足を使った現地調査

最終的には必ず現地に足を運びましょう。
実際に出向いて、街に若者を引き付ける魅力があるのか、賃貸物件の空室状況等を、直接確認してください。 何回も足を運びながら、更に信頼できる不動産会社が見つかれば、あなたが土地勘がないということは問題ではなくなります。

【女性の1人暮らし】セキュリティ対策を考える(後編)へ続く


お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ