不動産投資をする際に持っておきたい資格

eb81e25ae70dd79d7ade74b8899fa2ef_s
不動産経営において投資家は、民法の知識は最低限必要となってきます。
それに加えて、建物や土地そのものに関する知識もあるといいでしょう。

このような知識の習熟度を示すための一つの基準として「資格」があります。
賃貸業を行うのに「資格」は特に必要とされていません。 しかし経営者としての信用度を高めるためにも、できることなら取得しておいたほうがいいでしょう。

今回のミズケンコラムでは、不動産経営に強く関連する資格をいくつか紹介していきます。

宅地建物取引士

この資格は、不動産関連の資格の中では最も有名な資格ではないでしょうか。
不動産に関する資格の試験において、最も受験者数が多い資格です。

宅地建物取引業を営む事業者は、宅地建物取引業法に基づいて、国土交通大臣または都道府県知事の免許を取得しなければなりません。その際に、国土交通省令で定める数の宅地建物取引士を事業所等に置くことが定められています。

宅地建物取引士の資格は、不動産に関する資格の中でも基礎となるものです。
この資格を取得することで、不動産の売買や賃貸に関する基本的知識を得ることができるでしょう。

宅地建物取引士の資格の試験内容は、以下のようになっています。(国土交通省より)

(a) 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること
(b) 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること
(c) 土地及び建物についての法令上の制限に関すること
(d) 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること
(e) 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること
(f) 宅地及び建物の価格の評定に関すること
(g) 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること

マンション管理士

マンション管理士の主な業務は、マンション管理組合や区分所有者から寄せられる組合の運営、建物構造上の問題などに関する相談に応じて助言や援助を行うことです。

マンション管理士になるには、マンション管理士の資格試験に合格し、登録しなければなりません。宅地建物取引士の資格試験の試験科目と重複する部分が多いので、先に宅地建物取引士の資格を取得してから、マンション管理士の試験を受ける人も多いです。

マンション管理士の資格の試験内容は、以下のようになっています。(国土交通省ホームページ参照)

マンションの管理に関する法令及び実務に関すること

建物の区分所有等に関する法律、被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法、マンションの建替えの円滑化等に関する法律、民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)、不動産登記法、マンション標準管理規約、マンション標準管理委託契約書、マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等)など

管理組合の運営の円滑化に関すること

管理組合の組織と運営(集会の運営等)、管理組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)、管理組合の苦情対応と対策、管理組合の訴訟と判例、管理組合の会計など

マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること

マンションの構造・設備、長期修繕計画、建物・設備の診断、大規模修繕など

マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること

マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針など

不動産鑑定士

不動産鑑定士の主な業務は、土地や建物などの不動産の鑑定評価や、客観的な価値に関する要因を調査して、不動産の利用や投資へ助言することです。
不動産鑑定士は、不動産会社だけでなく、金融機関やJ-REITの資産運用会社などの不動産関連部門に属して業務を行っています。土地や建物の評価は、不動産の売買を行い際にとても重要な要因となるので、不動産鑑定士の仕事は責任重大であると言えるでしょう。

不動産鑑定士となるためには、国土交通省土地鑑定委員会が実施する不動産鑑定士試験に合格しなければなりません。
試験では、短答式試験及び論文式試験の2つの試験が課されます。短答式試験の合格者は、以後2年間は短答式試験が免除され、直接論文式試験を受けることができます。
不動産鑑定士試験の合格者は試験合格後、一定期間の実務修習のすべての課程を修了し、さらに国土交通大臣による実務修習の修了確認を受けなければいけません。

まとめ

最初にも申し上げましたが、アパート・マンション経営には特別な資格は必要ありません。
しかし不動産は高額であり、建物や土地、権利関係に関する正しい知識を持たずに経営・管理を行うのは無謀に思えます。
不動産投資を有利に行うためには、より多くの知識を持っていたほうがいいでしょう。
今回のコラムで紹介したような資格が不動産経営の助けになると幸いです。


お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ