不動産投資には「間取り」が重要!?押さえておきたい基礎知識を徹底解説(前編)

974e03dc5610cafe8a188b0bd48b0f54_s
不動産投資で十分な利益を得るためには、第一に空室を出さない運用がカギとなってきます。

そのために物件選びの際、交通利便性などの立地条件、魅力的な設備の導入、建物の適切な維持管理といった周辺環境と並んで重要な要素が「間取り」です。
案外、見落としがちとなっているポイントのひとつですが、間取りひとつで、その物件が魅力的なのかどうかが変わってきます。

そこで今回は、不動産投資を行うオーナーが知っておくべき間取りのポイントを徹底解説していきます。
ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_s

1、間取りで特に注意しておきたいポイントとは?

不動産物件を投資目的で購入する際、さまざまな判断要素があります。
多くの人は、アパートorマンション、木造or鉄骨、最寄り駅からの距離、近隣施設の充実などで決めることがほとんどなのではないでしょうか。
これらに加えて部屋の広さや間取りをチェックして、入居者のターゲット層を絞り込む人も少なくないでしょう。
とは言っても、間取り図だけですべての判断を下すのはご法度です。意外な落とし穴で失敗しないためにも、特に注意すべきポイントを解説します。

不動産投資には「間取り」が重要!?押さえておきたい基礎知識を徹底解説(中編)へ続く


お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ