リビング中心の家づくりを考える|名古屋市|アパート経営|フィリックス

リビング中心の家づくりを考える

PB257025o_TP_V1
近年、家での多くの時間をリビングで過ごす「リビング族」と言われる層が増えてきています。一時期は、家でのプライベートを重視する生活スタイルが増えていましたが、最近は家族とのコミュニケーションの時間を重視する人が増えているのです。 家族との時間を重視する人にとっては、家の中でリビングは家族と多くの時間を過ごす部屋であるため、もっとも充実させたい重要な空間です。プライベート空間である子供部屋を縮小してでもリビングを充実させたいという人が増えている今、住居の選び方や間取りへの考え方も変わりつつあります。 今回のミズケンコラムでは、最近のリビングの在り方についてみていきたいと思います。

再び団らんの場となるリビング

かつてのリビングは、家族が集まり同じテレビを観るなど、家族が同じことをする部屋でした。 しかし人々のライフスタイルが変化し、また娯楽が多様化していったことで、リビングに家族が集まる機会はだんだんと少なくなっていきました。 ところが近年、特に東日本大震災以降は家族同士の絆を大切にしたいという考えから、家族同士の時間を重視する人が増えてきました。 そのため、リビングに集まり家族と過ごす時間を増やそうという家庭が再び増えています。 ただし以前とは違い、家族全員が同じことをするのではなく、リビングという同じ空間でそれぞれのやりたいことや、 やるべきことをするという生活スタイルが広まりつつあります。

子供部屋の役割の変化

リビングでの過ごし方が変わるのとともに、子供部屋の在り方も変化しました。 どのように子供を育てたいか、どんな子供に育ってほしいか、により子供部屋に必要とされる機能は異なります。 子供部屋は、勉強をする場所、寝る場所というのが主な役割ですが、何より大切なのは子供の自立を助ける場所となることです。 プライベートとそれ以外のバランスをとるための空間は大事ですが、その比率は時代とともに変化します。 例えば、昔は友人と電話をしたりメールをするとき、子供部屋に行く人が多かったのではないでしょうか。 しかし家族との過ごし方の変化とともに、リビングでそのようなプライベートなことを行う子供が増えています。 メールや、最近よく使われるLINEなどは、言葉選びや、メッセージを送る時間やタイミングなど気を付ける箇所がいくつかあります。 親がそのような子供の行動を見守り、アドバイスを送ることで、コミュニケーション能力などを育てることは、とても大切なことではないでしょうか。

広まるリビング中心の家づくり

リビングと子供部屋の役割の変化とともに、リビングを重要視する家づくりが増えています。 例えば子供部屋は勉強と寝るだけの空間、夫婦の寝室も寝るだけの空間として、リビング以外の部屋を最小限の広さにします。 そしてその分の空間をリビングに割り当てることで、リビングを充実させるのです。 最近は二階の子供部屋を小さくすることで、リビングに吹き抜けをつくる設計が人気です。

用途に応じて変化させるリビング

広いリビングを有効活用するには、リビングを様々な用途で使えるようにすることが重要です。 例えば本棚をリビングに置き、そこに家族の本を置くことで、本を通して家族間でコミュニケーションを取ることができます。 パソコンやテレビゲームも同様にコミュニケーションを取るのに役立つでしょう。 また応接室として使うこともできます。応接室として使うには部屋をきれいにしておく必要があり、しかしリビングが広いとそれは大変です。 応接室として使う空間を仕切るようカーテンがあると便利でしょう。 リビングは来客用の空間、子供が勉強をする空間、家族が団らんする空間、など状況に応じて用途に合わせられることが大切です。

まとめ

どのように暮らしたいかに合わせて、家の間取りを考えることが大切です。 家族と共に過ごす時間を大切にしたいなら、リビングを中心に考えるのがいいでしょう。 しかし子供部屋も子育てに重要な空間です。将来の理想の家族像を踏まえて、間取りを決めるといいでしょう。


お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ