サラリーマンにとってのアパート経営

12-mizuken20160705_mini
近年、マイナス金利の影響で融資条件緩和により、不動産投資へのハードルが下がってきています。
それに伴いサラリーマンオーナーも増加傾向にあります。
不動産投資は入居者募集や退去立会い等を管理会社にお願いできることから、本業に大きく影響することなく行えるのが、サラリーマンに好まれる理由ではないでしょうか。

今回のミズケンコラムでは「サラリーマンにとってのアパート経営」についてお話しします。

管理会社選びが重要

上記で不動産投資は管理会社にお任せできる部分が大きいのでサラリーマンに人気と書きましたが、その分管理会社選びが重要になります。

アパート経営において管理人はオーナー自身になりますので、問い合わせの対応等は基本、管理会社にお願いすることになるでしょう。
例えば、その管理会社の対応が良くなければ、入居者が不満に思うのは至極当然のことですし、最悪なケースとしては不満が募り退去に繋がることも想定されます。
入居率を下げない為にも、管理会社の対応は生命線です。

また管理会社を選ぶ際は、対応の迅速さ、丁寧さを確認すると良いでしょう。
なぜなら、それらの対応は入居者の対応にも同様だと考えられるからです。

「すべてお任せ」はNG

アパート経営において管理会社に頼る部分は大きいのですが、すべてを「管理会社にお任せ」というスタンスでは長期的な成功は望めません。

A. 入居者募集について
管理会社としっかりすり合わせをして、適正な賃料設定をすることが大事です。あなたの希望賃料だけで押し通すのもNGです。

B. 入居者対応について
オーナーとしてのあなたの仕事を考えましょう。
「管理会社の方で適当に対応しておいて」といった指示では、管理会社の方も困ってしまいますし、対応が遅れクレームに繋がることも想定されます。
「○○といった方向性で対応しておいてください」というように、動きやすい指示を出してあげましょう。

C. 退去立会いについて
オーナーも退去に立ち会って、その原因を確認することをオススメします。
実際の入居者の声を聞けるまたとないチャンスです。
時間的に難しい場合は、管理会社にヒアリングしてもらう事もできますので、依頼してみましょう。

D. 清掃について
最低でも月に1,2回は、清掃会社を入れて建物を綺麗に保って下さい。
清掃が出来ていない建物に対して管理会社も積極的に入居者募集して行こうと思うでしょうか?
管理会社が「入居者募集したくなる」建物として保つように常に考えることがオーナーとしてあなたの仕事なのです。

E. 設備メンテナンスについて
退去者が出たタイミングで、設備は、積極的に交換してください。
・ 照明のLED化
・ 壁紙の交換

大きい費用をかけなくても効果のある設備はいくつもあります。
また管理会社に相談してみるのも良いでしょう。良いアイデアを出してくれるかもしれません。

まとめ

管理会社をうまく活用することでサラリーマンがアパート経営を行うことは十分できます。
そのためにはしっかりとした管理会社を選ぶこと、選んだ後も「アパート投資は経営だ」という意識をもち、全部を任せるのではなく、自分も経営者としての自覚を持つことが重要です。
関われる部分については積極的に関わり管理会社と常に連携を取りながらアパートを経営することが成功へのカギです。


お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ