【初めての不動産投資】アパート経営をスタートさせるまでのステップ|名古屋市|アパート経営|フィリックス

【初めての不動産投資】アパート経営をスタートさせるまでのステップ

s
アパート経営を始めたいと思っていても、アパート経営をスタートするまでに「どのような準備をすれば良いのか?」
を具体的にイメージできる方はほとんどいないのではないでしょうか。安定的な収入が得られるのがアパート経営ですが、当然投資リスクもあります。
今回のミズケンコラムではアパート経営をスタートさせるまでの流れと、アパート経営を始める前に身に着けたい知識についてお話しします。

STEP.1 物件選びはお店で言えば店舗選びと同じ

アパート経営では物件の選定を最初に行うことになります。これを失敗してしまうと入居者が入らず、安定した収入が見込めません。
だから、物件は、お客様が入りたくなるような「お店」でなければなりません。

インターネットや、他人の情報だけでなく、自分の足で現地に行き、立地、周辺環境などをしっかりと確認しましょう。
アパート経営では「他人任せ」にしないスタンスが大切です。不動産仲介会社も、成功までは保証をしてくれません。
不動産投資は経営と同じですので、ここから経営者としての仕事は始まっているのです。

STEP.2 専門家に意見を聞いてみる

上記で述べたように、自分の足で候補物件が決まったならば、次は専門家の意見を聞いてみましょう。

ビギナーの場合は大事なポイントを見落としている可能性もあるので、専門家にカバーしてもらいましょう。い
具体的に専門家と言えば、不動産仲介会社やアパートを管理しているような管理会社です。
・周辺物件の入居率
・このエリアについて詳しく(犯罪率、成長可能性)

等です。話を聞いて納得できれば、物件購入に対しての準備を始めます。

STEP.3 収支計画を立てる

アパート経営を始めるにあたり、たいていは金融機関で不動産投資のローンを組むことになります。

ビギナーの場合は、物件を決めてから金融機関と交渉することになります。
ここで注意すべきポイントは「月々の金利、支払額、家賃収入の確認」です。

ローンには当然金利が付きます。金利も考慮したアパート経営の収支計画をシミュレーションしてください。
金利によってはシミュレーションが変わってきますので金融機関を見直すことも必要になります。

STEP.4 管理会社の選定

次のステップは「アパートの管理体制」を考えなければなりません。

アパート経営を始めた方の実際の声を聴くと、さまざまな雑務(空室対応、クレーム対応、修繕対応、等)さまざまな業務が発生します。
「自分で対応出来ると」と思うかもしれませんが、実際はかなり手間がかかりますし、サラリーマン等本業を持っている方にとっては
なかなか、すぐに対応出来ない場合がほとんどだと思います。
しかし、入居者は待ってくれませんし、対応の遅さが退去要因になることも少なくありません。
空室を招かないためにも、迅速で丁寧な対応ができる管理会社を見つけることが必須です。
アパート管理では管理費をケチらずに、うまくプロの力を借りて安定経営を目指しましょう。

STEP.5 経営開始時の注意事項

金融機関とローン契約→購入するアパートの不動産売買契約→所有権移転等の登記が終了するとアパート経営がスタートすることになります。

その時には次の事に注意してください。

・税理士にも相談しながら、利回りや経費など経営状況等、つねに数字を確認
・金融機関や管理会社と定期的に面談
・取引関係者に副業感を与えない

ここがスタート地点ですが、不動産投資は「自分が何もしなくても儲かる」という考えは捨てましょう。
投資というよりもアパートの「経営」なのですから、取引関係者に「この人と仕事がしたい」と思わせるような経営者像を作り出していきましょう。

まとめ

サラリーマンを続けながらアパート経営をしてみたいと思っている方も多いと思いますが、不安もたくさんあることでしょう。
しかし安心して下さい。誰もが最初は初心者ですが、投資用新築アパートの建築から管理に至るまで、すべてに対応してくれる不動産会社と契約して成功していっています。
どこまでの範囲をお任せするかはその都度管理会社と相談することになりますが、いずれにせよ誠実、迅速に対応してくれるパートナーを見つけて、アパート経営の成功に結びつけて下さい。


お問い合わせフォームへ
お見積もりフォームへ